知っておきたいポイント|塾のフランチャイズにおけるポイント【会社設立時はここに注意】
男女

塾のフランチャイズにおけるポイント【会社設立時はここに注意】

知っておきたいポイント

海外での会社設立は、やはり日本で会社設立をするのに比べ若干の手間や時間がかかってしまいます。ただ、外国全てがそうである、というわけではありません。香港に限っては案外楽にできてしまうのです。香港で会社設立をする場合、基本的に香港在住でなくても問題ないのです。会社名や株主構成などが決まっていれば、だいたい2週間くらいで会社を作れてしまいます。法人登記に必要なものとして株主や取締役、会社名、資本金などがありますが、これらを集めるのはそこまで難しくなく、また経費もほとんどかかりません。

香港で会社設立を行なう場合、「新規設立」と「シェルフカンパニーの購入」のどちらかを選択する必要があります。新規設立は、その名の通り新しく法人を作ることを言います。好きな会社名を掲げることができるのが大きな特徴です。ただ、香港をはじめ周辺の地域に売る維持した名の会社が無いか調査する必要があります。シェルフカンパニーの購入とは、会計事務所などが法人の登記手続きだけを済ませ、保有してある会社を買い取るという仕組みのことを言います。シェルフカンパニーの購入におけるメリットは、会社設立の費用が安く済むという点です。また、手続きが名義の書き換えのみで済むので、たった 1週間くらいで会社設立を果たせるというメリットもあります。ここでは簡単に説明していますが、香港の会社設立をサポートしてくれる業者は国内や香港にいくつも見られます。そのような業者に依頼すれば、よりスムーズに会社設立を果たすことができるでしょう。